歯の黄ばみって何で起こるの?

歯の黄ばみを取る
そもそも歯の黄ばみって何なのでしょうか?
もともとはみんな白い歯のはずなのに、どうして色がついてしまうのでしょうか?
黄ばみの原因についてまずは調べてみました!

 

歯の黄ばみの原因には、外因性のものと、内因性のものがあります。
簡単に言うと、外側からの影響によるもの、内側からの影響によるものということです。
外因性の原因には、喫煙や飲食物による着色があります。
一般的にステインと呼ばれるものです
飲食物には、珈琲や赤ワイン、カレーやジュースなどもがあります。

 

一方、内因性については加齢によるものや、先天的に歯に黄色い部分が出来るエナメル質形成不全症、神経を死んでしまったことによる変色があります。
加齢によるものは、表面のエナメル質が摩耗して薄くなることが原因であることが考えられます。
内因性のものについては、自分でのケアではどうしようもない原因でもあります。
歯の黄ばみを取ろうとするときに、自分の黄ばみがどちらの要因で出来ているのか考えてみてくださいね。

歯の黄ばみを取る方法!自宅編

歯の黄ばみを取る
では、続いて本題の歯の黄ばみを取る方法についてです。
出来れば自宅で簡単にホワイトニング出来たらいいですよね。

 

◇ホワイトニング専用の歯磨き粉を使う
これが、最も手軽なホワイトニングの方法だと思います。
毎日の歯磨きの時間が、ホワイトニングの時間になるので手間も増えません。

 

◇フッ素コーティング剤
歯を強く、そして白く保つためにはフッ素という成分が必要になってきます。
しかしこれは体で作り出せるものではありません。
自分から補わなければなりません。
歯磨きのあとに、市販のフッ素ジェルを使用すると効果的です。

 

◇ホワイトニングペン
歯を白くするための専用のペンが販売されています。
これは、歯にペンの中の薬剤を塗ることによって汚れを落とし歯を白くするというものです。

 

自宅での歯の黄ばみを取る方法には、他にも様々な方法、商品が開発されています。
口コミなどをみて、自分に合う、そして効果の高そうなものを試してみましょう!

 

⇒ 歯の黄ばみを取りたい方におすすめはこちら!!

歯の黄ばみを取る方法!美容歯科編

歯の黄ばみを取る
でもやっぱり自分ではどうにもできないレベルの黄ばみもあります。
長年の喫煙習慣や、赤ワインを毎日飲むなどの習慣がある場合、その黄ばみはかなりひどいものになっている可能性があります。
そんなときは、自宅でのケアを諦め、専門の医師に任せてみてもよいでしょう。

 

歯医者さんや美容歯科では、専用の機械で光を当てることによりホワイトニングをすることができます。
これには多少痛みが伴うことがありますが、光の強さを加減できますので安心してください。
こちらは、短時間で効果が期待できます。

 

こうして専門の医師に任せることが出来ますが、通うのが難しい方などはホームホワイトニングという方法もあります。
歯医者さんや美容歯科で、ホワイトニングキットと、自分のマウスピースを作ってもらいホワイトニングをするという方法です。

 

そして最終手段は、自分の歯の表面を削り、そこに人口の歯を取り付ける方法です。
白さが永遠に保つことが出来ていいのですが、費用が高いので芸能人がよく利用している方法だと思います。

 

「笑顔」それは、人の印象を決める大きなポイントですね!
でも歯が黄ばんでいたらどうでしょうか?
満面の笑みが出来るでしょうか?

 

歯の黄ばみを取る方法には、自宅で行う方法と、専門の医師に任せる方法とがあります。
自宅で済むレベルの黄ばみだったら費用はそんなにかかりません。
しかし医師による治療となると、どれも数万円ほどかかってきます。
出来れば、黄ばみを予防することに力を入れていきたいですね。